Top / II.学術会誌 / 1.和文学術会誌「地球環境」 / Vol21_No2

学術会誌

『地球環境』 Vol.21 No.2

目次
地域の気候変動適応策の推進:持続可能な社会を目指して
序文:「地域の気候変動適応策の推進:持続可能な社会を目指して」発刊にあたり田中 充・白井 信雄
地域における気候変動適応策の研究成果と展望:環境研究総合推進費 地域班研究を中心に田中 充
気候変動適応に関する政策枠組み:パリ協定と日本の適応計画竹本 明生
気候変動への適応策の理論と具体化:地方自治体における「追加的適応策」の採用のために白井 信雄
気候変動適応策の実装化を目指した叙述的シナリオの開発:農業分野におけるコミュニティ主導型ボトムアップアプローチと専門家デルファイ調査によるトップダウンアプローチの統合馬場 健司・土井 美奈子・田中 充
気候変動下の水・土砂災害適応策の研究小松 利光・橋本 彰博
気候変動下における豪雪地帯の風土性の変化:雪中行事における気候影響に注目して木村 浩巳・福岡 義隆
埼玉県における気候変動適応の課題と地域環境研究機関の取組嶋田 知英・三輪 誠・米倉 哲志・増冨 祐司
長野県における気候変動下の生物多様性保全施策に向けて陸 斉・須賀 丈・浜田 崇・堀田 昌伸・尾関 雅章・畑中 健一郎
東京都におけるゲリラ豪雨の実態とその適応策について横山 仁
地方公共団体の気候変動影響評価・適応計画策定における課題解決手法:11 のモデル自治体の支援事業結果の分析と考察梶井 公美子